ご注意!
 
メインメニュー
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンタ
今日 : 4848
昨日 : 5353
今週 : 394394394
今月 : 1175117511751175
総計 : 288708288708288708288708288708288708
平均 : 7878
減感作療法に関連した文献紹介
減感作療法に関連した学術情報を集めてみました。

新旧を織り交ぜた文献・学術情報をページごとにまとめました。

文献は要約、学会発表は講演要旨のみですが、すぐに役立つ情報になっています。

減感作療法について、ご理解を深めていただくためにご活用いただければ幸いです。
ご注意!

複数の抗原に感作されている犬へのハウスダストマイト単一抗原による特異的免疫療法は
生理食塩水の注射と同等の効果しかありません。


ランダム化2重盲検プラセボコントロール試験というエビデンスレベルの高い研究によって実証されています。

・コナヒョウヒダニに限定した治療液とプラセボ(生理食塩水)は痒みおよび皮膚症状の両方において同等(P>0.05)の効果でした。

・コナヒョウヒダニに加えて環境アレルゲンに対する過敏症のAD犬において、コナヒョウヒダニに限定した免疫療法は
 この疾患をコントロールするには不十分であることが示されています。

・アトピー性皮膚炎と診断された犬のほぼ100%が少なくとも2つ以上の環境抗原に感作されていることが研究の結果明らかにされています。

・アレルゲン特異的免疫療法の抗原治療液は検査結果に合わせて作製すべきであることが国際的な論文によって結論づけられています。

Dermatophagoides farinae-specific immunotherapy in atopic dogs with hypersensitivity to multiple allergens
: A randomised, double blind, placebo-controlled study. Vet J. 2009 Jun;180(3):337-42.
Willemse T, Bardagi M, Carlotti DN, Ferrer L, Fondati A, Fontaine J, Leistra M, Noli C,
Ordeix L, Scarampella F, Schleifer S, Sinke J, Roosje P.
プリンタ出力用画面
友達に伝える

ALLERGEN IMMUNOTHERAPY